ジャズの入り口

 いろんな入り口があるが、きっかけは人であることが多い。ジャズにはまるきっかけになったのも人だった。

 サラリーマン時代は出張でよく東京に行った。その日の夜は、映像作家の安田君に連れられ西荻のアケタというJAZZライブハウスに行った。林栄一さん率いるガトスミーティング。Wサックス、トロンボーンの3管にギター、ウッドベース、ドラム。基本スタイルはフリージャズ。チャールス・ミンガスのカバーもあった。演奏が始まってすぐにぶっ飛んだ。ど迫力。何が出てくるか分からない緊張感。かっこいいフレーズとキレのあるリズム。エネルギーとグルーヴ。全てが圧巻だった。それから、ミンガス、ドルフィーを聴くようになった。こんなかっこいいジャズがあるんだ!安田君に連れられ林さんに出会いぶっ飛ばされ、ジャズの世界に入り込んだ。広奥て深愛世界に。

 

屋根裏JAZz

 

 

広告を非表示にする