読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Waltz for Debby を買う

 

Bill Evansの最高傑作。ピアノの一音一音は、まるで一粒の宝石のように美しい。耳から入って来る音は、頭の中を通って視覚を刺激する。暗闇の中で宝石が輝いている。最高の作品は良い音で聴きたいと願う。レコードオリジナル盤は何万もするからにしても、せめて輸入盤を求む。今日は夕方ふらふらと出張先博多は大名にある大好きなキャットフィッシュレコードに行く。中古レコードをあさっていると、2800円の輸入盤と出会う。2800円!安っ!即購入。最高の作品は良い音で、さらに大音量で聴くとレコードが全く別世界に案内してくれる。 写真1は、キャットフィッシュレコードの店主。お店は、かっこいい年配夫婦が運営されていて、CDが多いけどレコードもいいのあるよ。
ふらふらと帰り道、定食屋に入り晩飯。さらにふらふらふらとジャズ喫茶JABに行き、食後の珈琲を飲む。店主とレコードの話。輸入盤でなくても国内盤で十分だよ。国内盤はしっかり作ってあるんだし。要は作品の内容だよ。価値観をひっくり返される。Kenny Dorham「quite Kenny 」(東芝盤)がかかる。音が心地良く身体に響く。安価な国内盤でも十分だ。なんだか納得、少し気が楽になったなぁ。さあホテルに帰ろう。

広告を非表示にする