ジムホールのギター

ビルエヴァンスの「アンダーカレント」でジムホールを知り、最近よく聴いている。
ギターの音色は、高すぎず低すぎずちょうど良い位置で豊かに響く。音の端々は、まろやかでやさしく、とても味わい深い。
メロディは、メリハリがあり、ゆったりとしたリズムを刻みながらも、時には早くなったり、程よいテンションを保っている。
そして、すご腕の共演者たちは、楽しそうに音を奏でる。
今、「Billies BounceJIM HALL TRIOを聴いている。

 

広告を非表示にする